仕事の影響で足がむくみだしたなら解消法を知ろう

  1. ホーム
  2. 更年期の症状あれこれ

更年期の症状あれこれ

漢方

副作用の少ない漢方薬

45歳〜55歳くらいの年代の女性の多くには、更年期の症状が表れます。更年期の症状には、個人差があり、とても症状が重い人がいる一方、ほとんど自覚症状がないという人もいるのが現実です。更年期症状は、女性ホルモンが減っていくことで起きる体内の影響によるものです。卵巣の機能が衰えることにより女性ホルモンの分泌量が減っていくのですが、脳が足りない女性ホルモンをどんどん分泌させようと指令を出すことで、自律神経がバランスを崩し体に様々な不調をもたらすこととなります。更年期の症状には、頭痛やめまい、ほてり、発汗の他、イライラや不眠、ひどい場合はうつ状態になってしまうこともあります。体だけでなく、心にも影響を与えるのが特徴です。更年期症状がツライ場合は、病院を受診して治療を受けるようにしましょう。症状に合わせていくつかの対処法を試していくことになります。漢方の服用もその一つです。漢方は副作用が少なく、複数の症状に効き目をもたらすとことろが特徴です。漢方薬の効き目は、その人の体質や体格によっても変わってきますので、ある程度の期間試して効き目を感じられない場合は、医師や薬剤師に伝え、他の種類に変えてもらうのも良いでしょう。漢方薬は独特の香りや味や苦手だという方も多いようですが、継続して飲み続けることで効果を発揮します。しっかり服用時間やペースを守って飲むようにしましょう。更年期の症状がある場合は、無理をしないでゆっくりする時間も必要ですよ。